久しぶりのブログです。

最近、有難い事に色々なプロジェクトが進んでいて、少し余裕の無い生活を送っている
せいか、会う人に「何か、やつれてない?」とか、 逆に「太った?」とか様々な印象を
日替わりで与えてしまっているようです。

夜中まで仕事して、朝寝過ごすみたいな悪循環に陥ってしまってるので、これではイカン
と 、気分転換も兼ねて映画「沈まぬ太陽」を観に行ってきました。

山崎豊子さんの作品が大好きで、ほぼ全て読んでます。
その中でも、この「沈まぬ太陽」は、かなり好きな 作品で以前から映画化されると聞いて
密かに楽しみにしていたのです。

お店が終わってからだと、夜の11時からの回しかなかったので、それを予約。
しかし、この映画、上映時間が3時間半ほどあるので、終了は夜中の2時半頃 。
途中に休憩時間(10分間)のある映画は、初体験でした。
それでも、席はほぼ満席状態だったので、凄い人気ですね。

内容に関しては、詳しくは触れませんが、僕はすごく感動しました。
当然、あの壮大な原作を3時間半にまとめるのですから 、少し無理のあるところはありますが、
思ってたより、渡辺謙さんがハマリ役だったのと、アフリカの夕焼けが泣けるほど奇麗でした。

隣の席の人が、前半が終了して休憩時間が終わっても帰って来なくて、「面白くなかったのかな」
とか「まさか、後半があるの知らなかったんじゃ・・・」とか、「いや、何か事件に巻き込まれ
たのでは・・・」とか、気になって、お陰で後半は少し集中出来ませんでした。笑

原作を読んだのが、結構前なので若干忘れてたりする部分もあったのですが、今更気が付いて、
一人で興奮していたのですが、今、ドラマでやってる同じ山崎豊子作品の「不毛地帯」の
主人公「壱岐正」と「沈まぬ太陽」に出てくる総理のブレーン「龍崎一清」は
同じ人物(瀬島龍三氏)をモデルにしていたんですね!

て、興味の無い人には全く興味のないブログでしたね。すいません。笑