最近、お客様や取材なんかでよく聞かれる質問があります。

「SONGBIRDだけに、鳥がお好きなんですか?」

まあ、SONGBIRD DESIGN STORE.と名付けるくらいなので、当然鳥の事は好きです。
だけど、ここのニュアンスが難しくて、本物の鳥が好きというのとはちょっと違います。
いや、本物の鳥も好きなんですが、空を飛んでたり、木に止まってたり、鳴き声や気配
だったりと、そこにはある種の距離感を必要とします。

つまり、鳥の種類をよく知ってるとか、飼いたいという好きではなく、鳥という存在、
鳥の世界観が好きなのです。

そんなわけで、お店を始める時に決めた事の一つに「あまり鳥そのものは使わない」
というのがありました。
店名がSONGBIRDだから、鳥グッズを扱ってるお店?みたいな 感じは避けなければ
いけないと考えていました。

ロゴマークや印刷物、商品等に、鳥そのものは使わず 、巣箱だったり、コンセプトだったり、
鳥の名前や関連するエレメントだけを使うようにして、唯一、鳥の形をしているのは
イームズの「HOUSE BIRD」だけ。
うんうん。これは、なかなかいいなと思っていました。



で、これが現在の店内です。
toritati鳥だらけです。笑

これは、PUEBCO製の鳥のオブジェのシリーズです。
本物の鳥の羽根を使ったりして、かなりリアルな仕上がりになっています。
サイズ感もいいし、フクロウやカラスだったりと鳥のチョイスもなかなかだし、とても
安価なのも素晴らしい。

toritosuBlack Owl S ¥950 Bird Nest ¥1,000

しかし何より、当初のコンセプトを破壊してまで、この製品を店に置きたいと思った理由は、
この製品が本来の鳥の持つ「怖さ」や「不気味さ」もちゃんと表現出来ている所です。

イームズの「HOUSE BIRD」にも言える事ですが、可愛いだけじゃなく、鳥が苦手な人 には
充分怖いし、暗がりでいきなり現れたらギョッとするし、夕焼けの窓辺に置けば、 何とも
言えないもの哀しさが漂います。

かと思えば、本棚とか椅子の上にちょこんと置くと可愛くて癒されるし、肩に乗せてるだけで
その人がいい人に見えます。笑

結局、鳥の鳴声を、歌っていると感じるか、泣いていると感じるかは、こちら側次第だったり
します。

そんな叙情的というか、ポエティックな感じが、鳥に惹かれる大きな要素なのかも知れません。


tesuriWhite Owl S  ¥950

hitototoriBlack Crow  ¥2,500



というわけで、PUEBCO製 鳥のオブジェ、絶賛販売中です!

皆さんもお部屋に一羽、いかがですか?


お知らせ:
来週の8月26日(水)と27日(木)はお休みを頂きます。ご来店の際はご注意下さいね。